ダッチオーブンで最高に旨い鶏(手羽元)の唐揚げ

サイト内検索

10インチ(25cm)ダッチオーブンで鶏の唐揚げ(手羽先)を作った日から、あまりの美味しさに飲食店での鶏の唐揚げを食べる気がしなくなり頻繁に家で作り続けています。

庶民の味方、業〇スーパーで冷凍鶏肉をまとめ買いし冷凍庫を一杯にしている今日この頃。

ダッチオーブンを使用することで手羽先の異次元的なジューシーさと安売りの冷凍肉とは思えない本来の鶏の旨さを実感できる食感に、手羽先だけでいいと思っていたのですが、よく見ると某ショップには冷凍手羽先の隣に手羽元も並んでいました。

値段もほぼ同価格ということで早速購入。

今回は手羽先ではなく手羽元の骨付き肉を唐揚げにしてみました。

ダッチオーブン10インチ

ダッチオーブン 10インチ

これが主役のキャプテンスタッグダッチオーブン10インチ(25cm)です。

届いた時は白いですが、シーズニングを終え使い込むとこんな感じのブラックポットになります。

大きさ的には4人分位の料理に最適で、一番ポピュラーな12インチ(30cm)よりも格段に使い勝手が良いと思っています。

このダッチオーブンは某サービス加入者へのカタログギフトの中から選んだものなのですが、大正解でしたね。

  • サイズ:(約)外径260×128mm
  • 重量:(約)5.2kg
  • 材質:本体鋳鉄・つるステンレス鋼

ただし、購入していなかった事でもわかるように、私のキャンプスタイルには少し重くて大きすぎるのが難点です。

ダッチオーブンを持ち出してのキャンプとなると、そうそう出番は無いのが現状です。(何しろ重いし)

ダッチオーブンは鉄(鋳物)なので使い込めば一生物ですが、放置するとあっという間に錆びてしまいます。

なのでダッチオーブンは使わない時は保管ではなく油鍋として使ってしまえばダッチオーブンを効率的に最良の状態にしておくことができるんです。

ということで、今回の鶏手羽元の唐揚げの出番です。

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げと言えば、ケンタッキーが有名ですが、実はダッチオーブンからヒントを得て加圧することであの美味しさを生み出したという話は有名です。

鶏(手羽元)の唐揚げ

これが今回ダッチオーブンで作った鶏(手羽元)の唐揚げです。

格安の冷凍品ということもあり、見た目は今一ですが味は最高級です。

鶏(手羽元)の唐揚げレシピ

今回は唐揚げ感を出すために醤油と生姜・ニンニクを入れました。

  • 塩・コショウ
  • 醤油
  • おろし生姜(チューブ入り)
  • おろしニンニク(チューブ入り)
  • 片栗粉
  • 骨付き手羽元(冷凍)
  1. 朝起きたら鶏肉を冷凍庫から出し放置。
  2. 解凍されたら塩・コショウを多めに振りかけおろした生姜とニンニクを加えビニール袋(スーパーで肉などを入れるあの袋)に入れてモミ1時間位放置
  3. ダッチオーブンに油を3cm位入れ加熱、その間に手羽元肉に片栗粉をまぶす。
  4. 菜箸を入れた時に気泡がでるくらいの油温になったら手羽元肉(今回は一度に4個)をダッチオーブンに投入。
  5. 蓋をして6分間弱火で加熱
  6. 蓋を取り、手羽元肉を裏返して約1分間加熱で出来上がり

ダッチオーブンでの鶏の唐揚げは、超簡単で味は最高ですよ。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ