ランタンは、明るいだけでなく熱い!

サイト内検索

アウトドアではランタンをいくつか持っていきます。明るく照らすだけでなく、虫除けにも使えます。

今のようにバッテリーで明るいランタンはほとんどなく、メインとなる明るいランタンはガソリン式やガス式のものを使っていました。

実際、当時ではガソリンやガスとバッテリーのランタンの光量はかなり違い、火を灯さないバッテリー式の利点はテント内でも安全に使えるという点でした。

夕暮れどきの調理などで、作業中に周囲を照らすにはとても光量が足りず、こちらではやはりガソリン式のランタンが活躍していました。

大型の電池を何本も使うバッテリー式よりも燃費が良かったですし、ランタンといえばガソリン式、というのが私の中では常識でした。

バッテリー式だと、どちらかといえばテーブルライトのような印象もありましたし、「ランタン」という名称を考えると、やはり実際に火を灯す方が風情がありました。

せっかく自然の中でキャンプしているのですから、少しでもそういった雰囲気を大事にしたいという考え方もあったのでしょう。

しかし、ガソリン式のランタンは明るいだけではないのです。

温かいを通り越して「熱い」のです。

火が燃えていますからね。

熱いのは当たり前なのですが、私だけでなくアウトドアを経験した人の多くが被害に遭っていることがあるのです。

それは、ランタンを吊るすための「金具」の部分が熱いことです。

通常、ランタンは吊るして使うことが多いので、多くのランタンは吊るすための金具が付いています。

これを吊るすと、金具はカバンの持ち手の部分のような形になるわけですが、すぐ下では炎が燃えているので真上の金具は熱され続けるわけです。

アウトドア初心者の人は、その熱さに気づかずにランタンの金具に触り、大やけどをしてしまうということです。

私も一度経験があります。

私の場合はそこまで熱されていなかったせいか火傷の痕は残っていませんが、メンバーの中には棒状の火傷痕が残っている人が何人かいます。

キャンプで知り合った人やアウトドア関連で一緒に行動している人の中にも結構いました。

今ではLEDライトのランタンの登場で火傷の心配が無いのは良いことですね。

特に子供が火傷しているのは見るに耐えませんから。

実際、何度か子供の悲鳴を聞いたことがあり、その日の夜は決まって悪夢を見ていましたから。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ