キャプテンスタッグのカマドB6型は最高の焚き火グッズ

サイト内検索

キャプテンスタッグの「カマド」という商品を知ってますか?

一見B6君のパクリ商品のようにみえますが、かゆいところに手が届く感じのとてもいい作りになっています。

今回はB6君との比較をしながら、この商品の特徴を説明したいと思います。

単純な作りなので組み立ても簡単、掃除も簡単、使い方も自由自在、そして単純で最低限の仕上がりだからこそ、カスタマイズ心をくすぐる作りになっています。

私が注文した商品が届いたので、取り急ぎサイズの検証もしてみましたが、実際に使用した記事は後日アップします。

キャプテンスタッグ「カマド」の特徴

  • 超小型のB6サイズ
  • 作りが単純なので組み立て、収納作業が簡単
  • 部品が平らに広がるので掃除も超楽
  • ゴトクがしっかりしているのでラフに使える
  • 十分すぎる頑丈な作り
  • 組立サイズ:幅200×奥行125×高さ180mm
  • 折畳サイズ:幅200×奥行125×厚さ35mm
  • 収納サイズ:幅240×奥行180×厚み35mm*
  • 焼網サイズ:163×108mm
  • 重量:760g
  • 材質:本体・灰受け(ステンレス) ゴトク・ロストル・焼網(鉄クロームメッキ)

*収納袋が大きめのサイズなため

組み立てるのにも複雑なところがなく直感的に組み上げられる単純さと平に広げられる構造で手入れの簡単さも折り紙つきです。

本体はすべての辺が2重に折り込んであるので丈夫な上、手を切ったり等の心配のない安心感があります。

本体の作りに上下の差はなくどちら側でも全く同じで、キャプテンスタッグのロゴさえ気にしなければ交互に使えます。

付属の収納袋は丈夫な作りで、ユッタリしたサイズになっているのでコンロ下に置く100均等の受皿やフロント部分をカスタマイズした時のパネル等も難なく一緒に収納できます。

カマドの悪い点

ゴトクの高さが本体より低い

ゴトクは外枠の片側面に横棒が4本溶接してあり、横棒を下にすると網が外枠の中にちょうど収まる考えられた作りになっているのはいいのですが、ゴトクとして横棒を上にして使用しても、本体よりも1mm~2mm低いのです。

本体の大きさより小さな物なら良いのですが、大きな鍋等を載せた場合は、微妙に斜めになってしまうわけです。

本体の切込みを少し少なくするだけのことなのに何故そうなってしまったのか疑問に感じるところなのですが、高温になる場所だけに、自分での対応は苦労しそうです。

*後日鍋を乗せて検証した結果、私的にはあまり気にならないことが判明しました。

全体的な作りが雑でガタガタ

カマドは本体中央の穴に受皿ををセットしてその上にロストルを載せ、本体上部の切込みにゴトクをはめ込むだけの簡単な作りです。

そして、作り自体がかなり許容範囲が広いというかガタガタでしっかり組み上がらないうえ、受皿は内側に置いてあるだけのような構造なので、本体後部パネルのパカパカと本体と灰受けの隙間等から灰が落ちるため別途受皿は必須です。

カマドと100均受皿

画像のように100均のトレーを使用し後部をトレーの立ち上がりに合わせるようにすると、後部パネルの余計な遊びや灰落ちの対策になります。

使用しているのは、217×153mmのステンレストレーで、カマド付属の収納袋に複数枚でも余裕で一緒に収納できます。

前面に立ち上がりが無い

前面がロストルの高さで立ち上がりがないので、そのままだと前面部分に燃焼物を効率よく置けません。

使用目的によりますが、ステンレス板等でカスタマイズしたほうが便利です。

ネットで結構使えるカスタマイズも紹介されているので参考にしてください。

余談として、B6君の全面や後面のパネルを使用することも出来ます。

笑’s B6君の特徴

最初に私的にはB6君とオプションのグリルプレートは切り離せないので、ここでの説明はグリルプレート使用を前提にしています。

言わずと知れたソロキャンパーのベストセラー商品です。

  • 超小型のB6サイズ
  • 組立・収納は複雑だが大人心をくすぐる作り
  • 掃除の大変さは、知られている通り
  • 本格的なゴトクで簡単に美味しい焼肉ができる
  • 華奢な作りなので、ラフには使えない
  • 本体収納サイズ: 181×122×18mm
  • 本体組立サイズ: 215×122×165mm
  • 本体重量: 500g
  • グリルプレート重量: 460g
  • ハードロストル重量: 160g
  • 静止耐荷重: 10kg

基本的に大きな櫓の上に燃焼部が乗っている感じの作りなので本体の大きさにしては燃焼部が小さい作りになっています。

ゴトクB6型とB6君の比較

まず最初に言っておくと、カマドは値段の安さからは想像できない位丈夫な作りなので商品を手に取った方は必ず驚くと思います。

B6君と比べてもまるっきり次元の違う頑丈な作りになっています。

キャプテンスタッグカマドB6型とB6君の比較

キャプテンスタッグゴトクB6型とB6君の比較画像です。

明らかに炉の部分の大きさが違うのがわかります。

まずは私の実測データを見てください。

燃焼部横幅

  • カマドB6型 180mm
  • B6君 162mm

燃焼部奥行

  • カマドB6型 12.5mm
  • B6君 110mm

燃焼部深

  • カマドB6型 98mm
  • B6君 69mm

上の実測データから明らかにカマドの方が大きいことがわかります。

カマドとB6君の収納サイズ

カマドとB6君の収納サイズ

これはカマドとB6君にグリルプレートを付けた時の収納前の画像です。

ほぼ、同じ位ですが微妙いにカマドのほうが大きいです。

ちなみに、カマドをB6君の収納袋に入れてみたところ、大きさ的には入りましたが、チャックが締まりませんでした。

カマドとB6君の収納袋

カマドとB6君の収納袋

カマドの収納袋の上にB6君の収納袋をのせてみた画像です。

カマドの収納袋はかなり余裕を持った大きさだということと、B6君の100均袋と違い丈夫でシッカリした作りなのがわかります。

カマドの部品構成

カマドは以下の5個の部品で構成されています。

カマド全部品

本体

両サイドが立ち上がったコの字型のステンレス側面パネル2枚と平面の後面パネル2枚で構成されていて、後面のみに3箇所の蝶番がある形になっています。

灰受け

ステンレス製で本体側面パネルの2個づつの長方形の穴に内側から掛けるようになっています。

ロストル

灰受けの上に置くだけになっています。

ゴトクより細めの鉄クロームメッキでできていますが、強度的には十分だと思います。

ゴトク

側面パネルの上部の切り込みに合わせて置くだけになっています。

太めの鉄クロームメッキでできていて頑丈だと実感できます。

裏返して使うと、焼網が外枠の中にピッタリと収まり安定します。

焼網

ちょっと細めの目の鉄クロームメッキ製で、ゴトクを逆さに使うことでゴトクの外枠に収まり安定するのですが、変え網を探すのは大変かも。

カマドの灰受けにロストルを、ゴトクに焼網をセットした画像。

こちらはゴトクに焼網をセットし、灰受けにロストルをセットした時の画像です。

カマド使用時の工夫

カマド、受皿なしの使用例

強度は落ちますが、こんな風に灰受けを使わず大きなカマドとしても使用できます。

もちろん、灰受けとロストルをセットし、ゴトクを使用しないことも可能です。

灰受けは側面パネルに差し込むための部分があるため無理ですが、少し長めの棒(ピンペグ等)2本をサイドパネルの穴に通せばロストルを上に載せて高さ調整も可能です。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ