キャンプの時、釣で釣りあげた物

サイト内検索

私はキャンプに参加するとき、近くに川があれば釣りをして食料を確保する役割を担当します。

場所によって釣れる魚の種類は変わってきますが、時には魚以外の物が釣れる時もあります。

人気のキャンプ場に行った時のことです。人が多かったですが、何とか人の少ない場所を確保した私はさっそく釣り糸を垂らします。

川の流れが穏やかだったので、上流で遊んでいる子供たちの声が聞こえてきます。

それなりに距離があったのでこちらまでは来ないだろうと考えて呑気に釣り糸を垂らしていると、油断している最中に釣り糸に重みがかかりました。

慌てて体勢を整えますが、どうにも感覚がおかしいので、慎重に竿をあげてみると、釣れたのはサンダルでした。

長靴でないだけ何となくマシでしたが、サンダルがつれた直後に子供たちの声が大きくなってきました。

どうやら、川で遊んでいた子供たちの中にサンダルが川に流されたのに気付かず遊んでいて、川から上がる時になってようやく気付いてから探しに来たようです。

川の流れは穏やかだったので、流されたのはずいぶん前だったはずなのに、と思いながら、片足だけで跳ねながら来た子供を含んだ数人の子供たちに声をかけ、サンダルを渡しました。

釣り上げた中で最も怖かったのは、ある「人形」でした。

人の少ないキャンプ場での釣りで、ある程度の魚を確保したのでそろそろ戻ろうかな、と思っていた矢先、釣り糸に反応があったので引いてみると、かかったのは「藁人形」でした。

しかも、ご丁寧に「釘」まで刺さっていました。

怖くなった私はそれを再び川に流そうと思いましたが、どうにも気味が悪かったのでキャンプファイヤーで燃やしてやりました。

湿気っていた藁人形はなかなか火が付きませんでしたが、最後には炎に包まれて灰になりました。

刺さっていた釘は近くに埋めてやりました。

とりあえず、方法が良かったのか、呪われたりはしなくて済みました。

他にもゴミとかを釣り上げることもありましたが、川にゴミを捨てるのは勘弁してもらいたいですね。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ