花畑近くのキャンプ場での蜂の群れ

サイト内検索

アウトドア中に動物のトラブルに巻き揉まれたことは何度かありましたが、その中でも最も命の危険を感じたのは、ゴールデンウィークを利用して行ったキャンプでの出来事です。

そのキャンプ場は、近くに広い花畑があり、私たちはきれいな風景を楽しんでいました。

花畑を前にして食べたお弁当はなかなかの味わいでした。

昼からの私の予定は魚釣りで食料を確保することでした。

予想よりもなかなか魚が釣れなかったので、粘ってなんとか十分な量の魚を確保することにしました。

時間はかかりましたが、なんとか人数分の魚まであと少し、というところで、聴き慣れた声と草をかき分けるようなガサガサという音が聞こえてきました。

何事かと声と音のする方を見てみると、メンバーのひとりが走ってきました。

彼は、テントの設営を完了したあと、散策に出ていたはずなのですが、なぜか私のいる川まで走ってきました。

何事かあると思い、一旦釣りを中断してから彼に声をかけました。

次の瞬間、彼の口からは「逃げろ!」という言葉が出てきました。

私が頭の上に?マークを浮かべていると、彼の後ろに何かが見えました。

それが蜂の群れであると気づくのにはそこまで時間を要しませんでした。

返事をするよりも先に私も竿と釣った魚を持って逃げ出しました。

とりあえず、釣った魚を調理担当に渡したかったので、キャンプ場まで走って戻ることにしましたが、彼も私と同じ方向に逃げてきたので、私も蜂から逃げ出さくてはならなくなりました。

「こっちに来るな!」と彼に言いましたが、聞く耳を持たないようで、一向に違う方向に逃げてはくれませんでした。

私としても、魚を放っておくことはできませんでしたが、重くて走っていると予想以上に体力を奪われていきますので、早いところ魚を引き渡したかったのです。

結局、メンバーが集まっていた場所まで蜂も引き連れてしまい、スプレーなどを使って撃退してもらいました。

おかげで、刺されずに済みましたが、必要以上に体力を使ってしまいました。

どうやら彼は散策の最中に誤って蜂の巣を刺激してしまい、中にいた蜂に追われていたようです。

漫画とかではよく見る光景でしたが、まさか自分が当事者になるとは思っていませんでした。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ