キャンプでの靴とサンダル

サイト内検索

アウトドアにおいては服装選びも重要になってきます。

その中でも靴は移動だけでなく、さまざまな場面において選び方による問題が浮上します。

友人数名とキャンプに行った時ですが、その中にスニーカーしか履いてこなかった人がいました。

アウトドア用で、頑丈な上に歩きやすいからという理由でそのスニーカーを履いてきたそうですが、その他には何も靴の類を持ってこなかったのです。

その時のキャンプ地は近くに川があり、涼むには最適だったのですが、替えの靴を持ってこなかった彼は裸足で川の中に、結果、川底の石で足を痛めてしまいました。

私を含め、他のメンバーは全員サンダルを持参していたので問題ありませんでした。

そこで彼に「次はサンダルも持ってこような」とアドバイスしておきました。

それから1年後、同じメンバーで再びキャンプに行くことになりました、もちろん、スニーカーの彼も一緒です。

一つだけ違っていたのが、彼の今年の靴はサンダルだったということです。

言ったこと忘れてなかったのか、と関心しましたが、今度はサンダル「だけ」履いてきたようで、スニーカーなどの普通の靴は持ってきていませんでした。

荷物がかさばるし、サンダルなら濡れてもすぐに乾くから、といことらしいです。

アウトドア用のサンダルらしく、悪路でも普通に歩けていたのでまあいいか、と思っていました。

食事の時間になり、カレーを煮込んでいた時のことです。

彼にカレーの鍋を混ぜるように頼んでいると、急に彼は悲鳴をあげました。

何事かと思って現場に急行すると、サンダルごと足に川の水をかけていました。

どうしたのか聞くと、どうやら誤ってカレーを足に飛び散らせてしまったそうです。

おかげで足を少しやけどしてしまったようです。

スニーカーならここまで酷いことにはならなかったろうに、と話すと、「めんどくさいなあ。いっそビニール長靴でも履いてこようか」とふざけた口調で返してきました。

まあ、たかだかカレーが飛び散っただけなので大した怪我にもなりませんでしたが、以降はスニーカーとサンダルを両方持ってきていました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ